· 

快楽への挑戦

 

先日、とある記事である夫婦が掲載されて

いました。

 

 

奥様は女性の格好で旦那様も女性の格好で

した。

 

 

旦那様があるべき姿だと判断した事を奥様

が理解をされ受け止めてくれたと言う記事

でした。

 

 

そんな記事を読んでいて、地下の便利屋に

最近来るご依頼の中の、既婚男性たちから

の電話やメールが頭をよぎりました。

 

 

その既婚男性たちは、皆子供さんもいて幸

せに暮らしているのですが、心の中に男性

に抱かれたい、抱きたいそんな気持ちと欲

望が芽生えて抑えられないとの事でした。

 

 

ですが、男性が好きだという事ではないと

の事です。

 

 

記事の方とは違うのですが、アンダーグラ

ウンドな中で、快楽を求めて行っていると

の事でした。

 

 

人間とは、快楽へと導かれるものです。

 

 

例えば、食欲を挙げてみても太る事が分か

っていながら、止められない。

 

 

好きなものをお腹一杯食べた時の快楽がそ

うさせるのです。

 

 

我慢して乗り越えてスリムな体になった時

の快楽までたどり着けば良いのですが、そ

こにたどり着くのは容易ではありません。

 

 

既婚男性たちのそれも同じ事で、一度経験

してしまうと留まる事は難しい事なのかも

知れません。

 

 

自分の性に違和感を感じるのではなく、あ

くまで快楽なのですから。

 

 

人間、生きている限り快楽との戦いであり

快楽への挑戦だと思います。

 

 

どちらを選んでも人間らしさには変わりな

い事だと思う今日この頃です。

 

 

 

地下の便利屋代表

 

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村へ