· 

甲子園に見る

 

甲子園で戦っている球児たちを

見ていると様々な感動があります。

 

 

チャンスで弱い者、チャンスで強い者

もう駄目か、と言う状況での逆転劇。

 

 

球児たちそれぞれにも色々な事情が

ある事でしょう。

 

 

貧乏な家庭の球児、裕福な家庭の球児

身内が亡くなったばかりの球児、病を

患っている球児。

 

 

それぞれが、それぞれの事情を抱えながらも

それを仕舞い込んで、白球を夢中で追いかけ

一勝に向けて一生懸命になる。

 

 

そこに、感動があるのでしょうね。

 

 

大人になると、いつしか現実の生活に追いかけられ

夢を追う事を忘れてしまいます。

 

 

子供の頃の夢などは、どこか遠くに行ってしまいます。

 

 

ですが、大人になったからこそ、子供の頃の

夢に真摯に向き合っても良いのかもしれません。

 

 

自分の方向性が、再発見出来る事もあります。

 

 

そこが、原点であり出発点なのですから。

 

 

お盆休みにゆっくりと、そんな事を考えても

良いのかもしれませんね。

 

 

『初心忘るべからず』と言う言葉と共に。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村へ