· 

慎重と臆病

 

とても真面目そうな律儀な口調で電話を

かけてこられたのは、40歳の独身男性の方です。

 

 

男性には、お付き合いをされている30代の女性が

いらっしゃるとの事です。

 

 

女性とは5年のお付き合いで、そろそろ女性の方が

結婚を意識されているらしく、男性側の親族の方に

会いたいと言って来たそうです。

 

 

男性はと言うと、結婚を躊躇しているのか、

はたまた値踏みをしているかと言う状況だと

言う事です。

 

 

そんな事で、まだ心が決まっていない状態で親族に

会わせる事も出来ず、親族に成り代わっての演技代行

をお願いしたいとの事です。

 

 

実のお母様とまずは食事がてら合わせると言う設定です。

 

 

地下の便利屋の熟年女性スタッフを派遣し、男性は事なき

を得る事が出来ました。

 

 

ですがそれは、延命措置にしかならない事でしょう。

 

 

この男性が、冷静な男性だとすると先の事を考えて

実際に本当のご両親に会う事も想像出来る筈です。

 

 

となると、この女性とは結婚の意思が無いと見えます。

 

 

またこの男性が、彼女に好き嫌いを告げる事が出来ない

男性だとすると、少しばかりの延命措置となってしまいます。

 

 

はたまた、この男性が好きなのに返事が出来ない男性

だとすると、いずれ問題になる行動になってしまいます。

 

 

慎重と臆病とは、紙一重だと思います。

 

 

慎重すぎて石橋を叩き過ぎるとヒビが入ってしまい

いずれ壊れてしまう事でしょう。

 

 

何事も『過ぎたるは猶及ばざるが如し』なのですから。

 

   

 

人気ブログランキング